マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションとは簡単に言うと、販売活動に必要なマーケティングを様々な方法で自動化することで集客につなげるシステムのことを言います。最近ではインターネットの普及が急速に進み、営業の方法も大きく変わってきました。その中で、インターネットを使った顧客からのアクションを洩れなく収集して営業活動につなげることで効率良く売り上げ向上を目指すことができます。たとえば、ホームページやSNSなどにアクセスがあった場合、自動的にその顧客に合った情報をメール等で配信したり、どの層がどのような商品を見ているかを統計することで商品開発の改善を図ったりと方法は様々です。マーケティングオートメーションの具体的な方法は膨大にあるので、顧客や商品に合った方法を見つけ、積極的に導入していきたいシステムです。

効率の良さと無駄なコスト削減がメリット

マーケティングオートメーションを確立させることで、効率は必ず良くなります。顧客が求めているものを厳選して提供できたり、意識の高い顧客からまだこれから追客が必要な顧客とに分けて、それぞれ別の営業方法をとることもできます。そして何より人件費の削減に大きく貢献してくれます。システムは24時間稼働が可能です。顧客からのアクセスを最短で察知し、即営業をかけていくには最もスピード感のある方法でしょう。また、人件費だけでなく広告費も大きく削ることができます。初期費用はシステムによって大きくかかることもありますが、紙媒体の集客と比べて長期的なコストの見通しがつけやすく、予算を組むのにも適しています。これからの時代、より順応したマーケティングを行っていく上では必要不可欠となるでしょう。