顧客の購買意欲をランク分けし、効率良く追客する

マーケティングオートメーションのメリットは、人件費や広告費の削減だけでなく、顧客管理とそれによるランク分けができるところです。同じ商品へのアクセスから割り出した顧客の中でも、購買意欲に差があると、同じ営業方法ではどちらか一方のみへの効果になってしまいます。顧客管理をしっかり行い、ランク分けをすることで、各ランクに見合った営業方法が実施できます。
ランク分けを行ったあと大切なのは、購買意欲が高くないグループに対して継続的に追客活動を行っていくことです。継続的に行うことで目に留まりやすく、購買意欲を高めることができます。継続的な追客はマーケティングオートメーションならではの得意分野なので積極的に行っていきましょう。

見落としやクレームを防げる

マーケティングオートメーションを使うことで、顧客管理の徹底がしやすくなるので、顧客の見落としが少なくなります。どんな小さなアクセスでもその層に合った営業方法を継続的にかけていくことで、購買意欲が上がり、いずれは重要な営業対象のグループに変わることもあります。
また、追客不要だったり見込みのない顧客を自動的に省くことで、過度な営業活動によるクレームや個人情報のトラブルを防ぐこともできます。人の目では確実でない部分をあえてシステムに組み込むことで、顧客の信頼も獲得できるでしょう。
顧客の購買意欲は継続的なアプローチによって変化します。その変化を柔軟に見分け、適切な営業方法を常に実行できるのはマーケティングオートメーションを導入する大きなメリットです。