商品破棄をしたときに使えるアピールメールがある

メールの配信を簡単に行うためにオートメーション化を行うと業務が楽になると言えるでしょう。配信機能以外にカート落ち商品をお客さんに知らせる機能があります。これは購入ボタンをクリックして商品をカートに放り込んだ状態をそのまま放置しているときに効果があるのが特徴です。通常カートに入っている商品があるときお客さんに知らせるなら手動で行いますが、オートメーション化をしていれば自動的に知らせてくれます。必要な情報と自動化を紐づけておくだけで効果があるのがメリットです。購入しなかった商品名や商品のカテゴリーといった情報と、色やサイズ展開情報を紐づける以外に、類似商品情報も用意しておくといいでしょう。商品を購入してくれる機会を増やせます。

商品購入時のメールも自動化

オンラインショップを使って商品を購入した方は再度商品を購入してくれる可能性がある見込み客です。こういうお客さんは次にどのような商品に興味を持っているのか気になるところと言えます。関連商品があったら積極的にメールを使って営業を行う行為をクロスセルと呼ぶので知っておくと良いです。クロスセルはメール配信システムを使うと自動化できるので大変便利と言えるでしょう。また消耗品を購入したお客さんの場合は、消耗品が切れるタイミングを検討してメール配信を行います。また消耗品がなくなるタイミングで類似商品や関連する新商品を提案するメールを自動化して配信するのも効果的です。手動で行うと面倒な作業もオートメーション化すれば楽と言えます。