マーケティングオートメーションとは?

新規顧客を開拓するためには、見込み客の目線に立った興味や関心に対して、最適な情報を最適なタイミング・最適な方法で提供する営業活動が必要です。 そのためには多くの人件費が必要ですが、それができずに悩む企業も多いですね。そこで注目され出したのがマーケティングオートメーションです!

リスト作成をオートメーション!

マーケティングオートメーションとは、その名の通り、マーケティングを自動で行う為のツールです。これまで多くの時間をかけて行っていた作業を自動化する事で効率化と効果の最大化を図ります。特に注目したいの…

メール配信をオートメーション!

メールの配信を簡単に行うためにオートメーション化を行うと業務が楽になると言えるでしょう。配信機能以外にカート落ち商品をお客さんに知らせる機能があります。これは購入ボタンをクリックして商品をカートに…

マーケティングオートメーションは中身をしっかり見極めて選ぼう

マーケティングオートメーションは大手から中小まで様々な規模の会社が提供しています。大手でなくても、使い勝手の良いツールを提供している会社もあるので、 しっかりと見極めて行きましょう。

マーケティングオートメーションを用いた施策をレポーティング!

マーケティングオートメーションの基本を知ろう!

マーケティングオートメーションは日本で導入事例が急速に伸びつつある施策です。具体的にどんなものなのかというと、現在獲得している顧客一人一人に対して、その趣味・趣向などに合わせたコミュニケーションを行い、顧客と長期的な関係を築いていく事を目的とした環境づくりの事を指すことが多いです。小さな組織で顧客数もそこまで多くないという場合は別ですが、多数の顧客を相手にする企業などでは、一人一人にきめ細かいマーケティングを行うことは簡単ではありません。そのようなニーズに応じたマーケティングオートメーションが認知されると、日本企業でも次々と導入され、その市場規模は年々上昇傾向にある現在のビジネスシーンにおいて欠かせない存在になりつつあります。

マーケティングオートメーションの効果はどう見るの?

ただ、マーケティングオートメーションは施策した時点で終了ではなく、その施策の効果を測定し、今後の改善点や新たな施策に必要な要素を洗い出さなくては意味がありません。そんな時に必要なのが施策のレポーティングです。対象のwebサイトにおいて、どういった情報が、いつ、だれが必要としていたかといったユーザーの行動パターンを分析し、ユーザーへのアプローチ法を変えていく事が大切になります。ただ、その得られるデータを全て使用することは、膨大な量のデータを分析しなくてはなりませんし、不要なデータを使用してしまう無駄な労力も発生します。初めから使用するデータをある程度絞っておき、レポーティングから得られる効果をより分かりやすくすることが大切です。

マーケティングオートメーションが必要な理由

マーケティングオートメーションで、見込み客の購買意欲を高める!

マーケティングオートメーションのメリットは、人件費や広告費の削減だけでなく、顧客管理とそれによるランク分けができるところです。同じ商品へのアクセスから割り出した顧客の中でも、購買意欲に差があると、…

マーケティングオートメーションで、受注率を向上させる!

マーケティングオートメーションとは簡単に言うと、販売活動に必要なマーケティングを様々な方法で自動化することで集客につなげるシステムのことを言います。最近ではインターネットの普及が急速に進み、営業の…

マーケティングオートメーションで、属人化を防ぐ!

マーケティングオートメーションは企業の課題である属人化を防ぐ事が出来ます。そもそも、属人化とはある特定の業務をその人しか出来ない状態になる事を意味する言葉です。属人化は替えがきかないという点におい…